育毛剤の医薬品と医薬部外品と化粧品の違いって分かりますか?

育毛剤の表記を見てみると「医薬品」と「医薬部外品」「化粧品」とあるのはご存知ですか?
似ているようなものですがなんとなく違います。

早速気になったのでその違いを調べてみることにしました。

医薬品とは?

さて、まずは医薬品です。その言葉の響きからどう考えても病院で処方してもらわないといけないイメージがありますよね。

医薬品とは、病気の診断、治療、予防に用いる薬です。薬事法で、開発・生産・使用について規制されています。つまり、病院で医師が処方してくれる薬や、薬局・薬店で市販されている風邪薬などで効き目が強いです。

医薬品の育毛剤といえばプロペシアやリアップが有名です。成分がより多く含まれている海外製品などもあるので個人で輸入されている人もいるかもしれません。
有効成分のミノキシジルを配合しているため、発毛効果を認められています。しかし薬には副作用がつきものですので、強い薬というのは医師の処方や自分にあったものを慎重に選ばなければなりません。

医薬部外品とは?

医薬部外品は医薬品までいかないけれどもそれに準ずるものと定義されています。効果・効能が認められた成分が製品の中に含まれています。ただし、効果が認められるとはっきりと表記はできません。用途としても直すというより予防の意味合いが強いのです。効果がある可能性があるというくらいのあいまいな部分なのでサイトやラベルなどには効果・効能は書けないのです。ただし、有効成分が入っていることはしっかりと書くことができます。

医薬部外品の育毛剤は非常に多く出ています。当サイトで紹介するのもほとんどがこの医薬部外品の育毛剤です。

ランキングにも乗せていますが、チャップアップやBUBUKA、イクオスやM-1育毛ミストなどお馴染みのものもあるかもしれません。
医薬品の育毛剤と比べると刺激も少ないですし、副作用も少ないのが特徴的です。

化粧品とは?

化粧品は美容を目的に作られた商品が基本ですが、育毛剤にいたっては医薬部外品として定められた範囲内の成分を超えているので医薬部外品として発売していないものです。
メーカーにより良い悪いはあるのですが、医薬部外品でないのでダメというわけではないのです。医薬部外品として商品化するには、定められた範囲内の成分で配合濃度を守らなければなりません。つまり医薬部外品であるということは他と同じということでもあるのです。

最近ではあえて医薬部外品を取らずに、自由な成分の配合で商品化をし化粧品扱いで販売するメーカーも増えてきました。

例えば、最近話題の成分キャピシルなどは医薬部外品の成分として認められていません。なので、キャピシルを配合しているフィンジア、Deeper3D、ボストンスカルプエッセンスなどは化粧品として販売しているのです。

単に医薬部外品じゃないからダメと決めつけずにこういった細かい部分も知っておくことは大事ですね。

結局育毛剤は自分にあったものが大事

以上、医薬品、医薬部外品、化粧品のそれぞれの育毛剤をご紹介してきましたが、それぞれに特徴があり何が良くて何が悪いと一概に言えません。

効果が高いからと医薬品の育毛剤を使って副作用に悩むなら、医薬部外品の方がいいですし、新しい研究成果が開発に生かされている化粧品の育毛剤の方が自分に合うかもしれません。あなたの頭皮環境や生活環境。またAGAの進行具合によっても答えは千差万別です。

正解はないのでしっかりと考えながら育毛活動に取り組んでいきましょう。