フィンペシアの効果・副作用は大丈夫?プロペシアとの違いは?

薄毛治療と言えば、

・育毛剤の使用
・育毛シャンプーの使用
・サプリメントを飲む

などが代表的ですよね。

これらを試してみて「あまり効果がないな…」と思った時点で最終手段として、AGA専門クリニックに行くという人が大部分を占めていると思うのですが、AGA専門クリニックに行くとまずは投薬治療がスタートします。

その時に出てくる内服薬の中に「フィンペシア」というお薬が出てくるのですが、聞いた事あるという人も中にはいるのではないでしょうか。

そこで、今日はこのフィンペシアの効果や副作用についてお話していきたいと思います。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックである

AGAの治療薬として代表的なものにプロペシアというものがあります。

このプロペシアですが、フィナステリドを主成分としたお薬のことでAGA専門クリニックでもよく処方されてるんです。

ただ、プロペシアって結構高いんですよね。

そんな人に朗報なのが、プロペシアにはジェネリックがあるんです。

それがフィンペシアになります。

フィンペシアはプロペシアの成分や効果にほとんど変わりがありません。

それなのにお値段はプロペシアに比べてかなり安いです。

インドの大手製薬会社シプラ社で製造されており、なんと最安値なら月900円程度で薄毛治療ができてしまうんです。

これがプロペシアになると1か月あたり7,000~9,000円かかってしまうので、その差は一目瞭然ですよね。

フィンペシアの主成分フィナステリドとは?

では、フィンペシアがプロペシアのジェネリックと分かったところで、今度はプロペシアやフィンペシアの主成分であるフィナステリドについて少しお話したいと思います。

フィナステリドはもとも前立腺肥大のお薬として使われていました。しかし、フィナステリドを服用していた人に発毛効果も見られたため、後にフィナステリドを主成分としたプロペシアやフィンペシアがAGA(男性型脱毛症)の治療薬として販売されるようになったんです。

フィンペシアの効果とは?

では、フィナステリドが主成分であるフィンペシアにはどんな効果があるのかというと、まずAGA(男性型脱毛症)の原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があると言われています。

DHTは5αリラクターゼと男性ホルモンのTH(テストステロン)が結びつくことによって生成されるのですが、5αリラクターゼの働きを阻害する効果があると言われています。

また、DHTの働きを抑制させることで、乱れたヘアサイクルを正常に戻すことができるため、抜け毛を防ぎ、髪の毛にハリやコシを生み出します。

また、休止期にある毛穴から髪の毛を成長させる効果もあるため、発毛促進の効果もあります。

ただ、こんなに効果がある反面、副作用のリスクも否定できません。

そこで、フィンペシアの副作用についてお話しておきたいと思います。

フィンペシアには副作用があるのか?

フィンペシアは、効果が高いゆえに副作用もあります。その副作用の代表例として、まずは性欲減退があります。

①性欲減退

プロペシアの副作用の中で一番表れやすいのが性欲減退です。又、勃起不全になるという人もいます。これらの症状ですが、服用を中止すれば症状が治まると思いがちですが、中には服用を中止してもなかなか男性機能が回復できないケースもあるようです。

②女性、未成年者は使用禁止!

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬のため、女性には効果がないと言われています。

ですので、女性は服用しても意味がありません。それどころか触るのもNGとされています。

なぜなら、フィンペシアの主成分であるフィナステリドは皮膚の表面からでも吸収できてしまうからです。

とくに妊娠している女性が触ってしまうと胎児の生殖器に異常が出てしまう恐れがあるため絶対に触れてはいけません。

子作り中の男性や周りに妊婦のいる環境で働いている人は絶対に触れることができないように対処しておきましょう。

③初期脱毛が起こる

フィンペシアを服用し始めて、髪の毛が生えるどころか抜け毛が増えてしまったという人もいます。

これは初期脱毛と言って、乱れたヘアサイクルが正常に戻ろうとするため、もともと抜ける予定だった髪の毛が一気に抜け落ちてしまう現象のことです。

初期脱毛があるということを知っていれば、落ち着いて静観することができますが、知らない場合は「効果ないんじゃないの?!」って思ってしまいますよね。

しかし、安心して下さい。ヘアサイクルが正常に戻れば健康で強い髪の毛が生えてくるようになりますよ。

フィンペシアの効果と副作用のまとめ

以上、フィンペシアについて詳しくお話してきました。

プロペシアのジェネリックとして認知されているフィンペシアではありますが、厳密に言うと特許の関係でまだジェネリック医薬品ではありません。

とは言え、プロペシアの10分の1の値段で手に入れられるなんてすごいですよね。

もし、プロペシアを使ってみたいけど、金銭的に余裕がないという人はフィンペシアを使ってみると良いでしょう。

ただし、副作用のリスクはしっかり把握しておきましょうね。