自毛植毛のFUE法とFUT法。2つの違いを比較しながら詳しく解説!

育毛剤にサプリメント、育毛シャンプーにお薬などなど様々な方法でAGA治療を行ってきたけど、どれも効果が無かった人のための最終手段として自毛植毛があります。ただ、「自毛植毛」って聞いても実際、何をするのかピンとこない人も多いでしょう。

「頭、切るなんて怖くてできない」
「手術しても本当に生えてくるのか不安」

という悩みを解決するためにも今日は、自毛植毛の二大手法であるFUE法とFUT法について詳しく解説していきたいと思います。それぞれのメリットやデメリットが分かった上で選択するようにしましょう。

自毛植毛のFUE法とは

自毛植毛にはメスを使って切開する方法とメスを使わない方法の2種類があります。FUE法と呼ばれる手法はメスを使わない植毛方法のことです。メスを使わないので傷跡が目立ちにくく、炎症などが起きにくいのが特徴です。ただし、毛根切断率が高いので高い技術が必要になります。

そして、実はこのFUE法ですが全く新しい方法ではありません。一番最初に自毛植毛が行われた術式になります。

自毛植毛のFUT法とは

次にメスを使った自毛植毛がFUT法です。これは、1995年に開発された比較的新しい手法で世界中では一般的に行われている術式になります。FUT法は、髪の毛のある頭皮を皮膚ごと切り取るため、毛根切断率が低く、定着率が高いと言われています。

日本ではまだまだFUE法を選択する人も多い中、世界ではFUT法の方が主流です。「切るなんて怖い」って思っている人もいるかもしれませんが、結果的には切った方が発毛率は高いんです。

FUE法とFUT法のメリットとデメリット

FUE法とFUT法の特徴が分かったところで、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

FUE法のメリット

傷跡が小さく目立ちにくい

FUE法の最大のメリットは、傷口が小さくてすむことです。特殊な器具を使って、小さな穴を開けて毛髪を移植していくため、ほぼ傷跡が目立ちません。FUTと比べて術後の回復が早く、傷口は数日で落ち着きます。

また、術後すぐに激しい運動をする事も可能です。アスリートの人にとってはベストな方法と言えるでしょう。

太くていい毛を優先的に採取することができる

FUE法はドナー採取の時に太くて丈夫な毛を優先的に採取していくことができます。一般的に後頭部は毛の生えている密度が高いので、細い毛はそのままにしておいて太い毛を優先的に薄いところに移植することができるんです。

FUE法のデメリット

大量植毛には不向き

FUE法のドナー採取には時間がかかってしまうため、取れる本数に限界があります。そのため、手術回数が増えてしまったり、パンチでくり抜いた後が目立ってしまったりと大量植毛には向いていません。

定着率が低い

FUE法の定着率(発毛率)は70~80%と言われています。これは、ドナーを採取する時に毛根を傷つけてしまう可能性が高いからです。FUE法の最大のデメリットがこれになります。とくに大量植毛を考えている場合はFUE法よりもFUT法の方が定着率の観点からもおすすめです。

FUT法のメリット

大量植毛に向いている

FUE法と違って、FUT法の魅力は何と言っても大量植毛に向いていることです。FUT法の場合、髪の毛の生えている皮膚をそのまま切り取っていくので効率がとても良いんです。FUE法で大量植毛をしてしまうと小さな穴を何個も開けて採取して…を繰り返すため時間がかかってしまいます。その点、FUT法は幅広く切り取るだけなので早いです。

定着率が高い

FUT法の定着率は95%以上とも言われています。FUE法だと70~80%と言われているので、その差は歴然です。そのため、FUE法よりもFUE法をおすすめしてくるクリニックが多いです。FUT法の最大のメリットは定着率の高さであることは間違いありません。

FUT法のデメリット

傷跡が目立ちやすい

大量植毛に向いている反面、皮膚ごと切り取っていくわけですから傷跡も目立ちやすいです。FUE法に比べて炎症が起こる確率も高く、どうしても切り取った後の線状の傷が目立ちやすくなってしまいます。

FUT法の最大のデメリットはこれで、坊主や短髪にしてしまうとどうしてもこの傷跡を隠すことはできません。

自毛植毛のFUE法とFUT法のまとめ

以上、自毛植毛のFUE法とFUT法についてお話してきました。

どちらの方法もメリットとデメリットはありますが、技術の進歩によってそれぞれのデメリットをカバーできるクリニックもあります。例えば、FUE法だと定着率がぐっと下がってしまいますが、アルタスロボットを使うクリニックでは定着率はそこまで下がりません。

また、切開すると傷が目立つと言いましたが、縫合方法によっては目立ちにくくできる場合もあります。どちらの方法が良いかは結局、自分次第です。ただ、大量に植毛をしたいと考えている場合はFUT法が間違いなく早いでしょう。

また、いつも短髪にすることが多い人はFUT法だと傷跡が目立つ可能性があります。そういう場合、FUE法にした方が無難なのかもしれません。このように、自分にとってどちらを選んだ方がメリットが大きいかを考えて選択するようにして下さい。