薄毛に効果的な「育毛剤の正しい使い方」を徹底解説!

ふとした時に部屋の床を見ると、自分の髪の毛が思った以上に落ちていて、ショックを受けた経験はありませんか?

抜け毛が増えて、薄毛やハゲが気になってしょうがないという方は、抜け毛対策に育毛剤を使う方が多いのではないでしょうか。

育毛剤は正しい使い方をすることで、より効果的に薄毛対策ができます。間違った使い方をすると効果が出ないだけではなく、かえって頭皮の状態を悪くしてしまう場合があるので注意が必要です。

今回は、薄毛に悩むなら知っておきたい、薄毛に効果的な育毛剤の正しい使い方をご紹介します。

育毛剤の正しい使い方を知っていますか?

薄毛対策して抜け毛を予防し、健康な髪の毛を手に入れよう!と思い立って、いざ育毛剤を試してみると、こんなことはありませんか?

使い方が曖昧でわかりにくい、なかなかか効果が出なくてどうしたらよいかわからない、育毛剤ボトルの使い方通りに使っているのになかなか抜け毛が改善されない。

育毛剤の正しい使い方はご存知ですか?
育毛剤の説明書きの「つけ方」のみに注目していませんか?

育毛剤を正しく使うには、つけ方だけでなく、ブラッシングや念入りなシャンプーなど、頭皮の事前準備も重要なポイントになります。

育毛剤ボトルにも書かれていない「正しい使い方」を詳しくお話ししますので、正しく覚えて育毛剤を使い、抜け毛を改善して、自信のある頭皮を手に入れてくださいね。

育毛剤の正しい使い方 その1~頭皮の事前準備~

育毛剤の正しい使い方として、まず育毛剤をつける前に行っておきたいのが、頭皮の事前準備です。

育毛剤を効果的に浸透させるために、頭皮を清潔な状態にする必要があります。
事前準備と言っても、何も難しいことは無く、次の2点取り組むだけで良いです。

■シャンプー前に行う髪の毛の「ブラッシング」

ブラッシングは、効果的な育毛剤の使い方をするために必要な事前準備です。髪の毛をブラッシングすることで、髪の毛についたゴミを落とし、髪の毛の絡まりを解くことができます。

髪が絡まりやすい人は、目の粗いブラシでさっと髪をブラッシングしてから、目の細かいクシで梳かすことで、無理な圧力による抜け毛を予防することができます。

この作業をすることで、次に紹介するシャンプー時に髪を効果的に濡らすことができ、シャンプーの泡立ちも良くする効果が期待できます。

■念入りな「予洗い・すすぎ流し」を意識したシャンプー

髪の毛をブラッシングしたら、今度はシャンプーします。
シャンプーする際の重要なポイントは、予洗いを念入りに行うことです。

ここで言う予洗いとは、2度シャンプーをするということではありません。2度シャンプーしてしまうと、洗浄力のあるシャンプーによって、健康な頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

また、2回も力を入れて頭皮を洗ってしまうと、物理的なダメージを与えかねません。シャンプーをする前には、シャワーでしっかりと頭皮を濡らし、お湯だけで汚れや皮脂をできるだけ洗い流しましょう。頭皮の汚れの7~8割は、シャンプーをつけない予洗いで落ちるといわれています。

予洗いをした後、シャンプー液をしっかり泡立てて、爪を立てずにシャンプーすることで、頭皮の汚れを浮かせることができます。その汚れを落とために、念入りにすすぎ流すことが必要になります。

頭皮の汚れを浮かせる時間よりも、すすぎ流す時間を長く意識することで、汚れや余分な皮脂をしっかり落とすことができます。頭皮の汚れを落とし、髪の毛穴をスッキリさせることが、育毛剤の効果的な使い方をするための重要なポイントになります。

育毛剤の正しい使い方 その2~育毛剤とドライヤー~

ブラッシングをして、シャンプーで頭皮の汚れを洗い流したら、いよいよ育毛剤をつけていきます。育毛剤によって、ドライヤーで髪をよく乾かしたほうが良い場合と、タオルドライ程度にして湿った状態で使った方がよいものがあります。

ドライヤーで乾かしてから使うタイプ、タオルドライの状態で使うタイプに共通して言える注意点が2つあります。それは、髪の毛を濡れたまま放置しないことと、頭皮のほてりを冷ますことです。

髪の毛が濡れた状態で放っておくと、頭皮に雑菌が発生するだけでなく増加してしまい、せっかくシャンプーで汚れを落として、頭皮を清潔な環境にしたにも関わらず、不潔な環境を作り上げてしまいます。頭皮の雑菌が増えると、フケやかゆみ、臭いが気になりますので、髪の毛は濡れたまま放置しないでください。

ドライヤーは、温風で8割ほど髪の毛を乾かした後、残りの2割は冷風で頭皮のほてりを冷ましながら髪の毛を乾かすといった使い方をするのが良いです。頭皮のほてりがある状態だと、せっかくの育毛剤の成分が蒸発してしまいます。

栄養成分がふんだんに入った上質な育毛剤を選んでも、髪の乾かし方が間違っているだけで、十分な育毛効果が期待できなくなってしまいます。

育毛時の効果的な使い方をするために、お手持ちの育毛剤の使い方をよく読んで、その指示通り使いましょう。

育毛剤の正しい使い方 その3~頭皮マッサージで揉み込む~

育毛剤を実際につける際は、髪の毛につけるというよりも、頭皮につけて揉み込むイメージで使います。

この時、指の使い方としては、爪を立てず、指の腹でマッサージするようにしてください。強く刺激せず、優しく揉み込むことで、育毛剤の成分は染み渡ります。

このような頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血流を促しされ、髪の毛をつくる細胞を活性化し、抜け毛改善へとつながるような効果的な育毛剤の使い方ができます。

<頭皮マッサージ 指や手の使い方>
■指の腹で円を描くように頭皮を揉みほぐす
■頭皮を優しく持ち上げて、弾みをつけて戻す
■手で軽くこぶしを作り、その側面で優しく叩く

器具などは使わず、自分の指の腹で、力を入れすぎず優しくマッサージしましょう。

実際に育毛剤の使い方を解説した動画を公開している方がいたので、ここでご紹介しちゃいます。

ビューティープロ TV

育毛剤の効果的な使い方ができるタイミング

意外と知られていないのが、育毛剤の効果的使い方ができるタイミングです。

育毛剤によっては、1日の使用量だけの記載、頭皮へのなじませ方だけの記載など、説明書きが不十分で、どのタイミングでつけるべきなのか使い方が記載されていないものもあります。使うタイミングが分からず、適当なタイミングで育毛剤を使うことはできるだけ控えた方がいいのです。

それでは、どのタイミングで育毛剤をつければ良いかというと、夜、シャンプーをして、お風呂からあがった直後のタイミングで使うのが最もおすすめの使い方です。

頭皮の汚れやゴミ、余分な皮脂をしっかりと落とし、頭皮が清潔な状態になったタイミングですと、頭皮の毛穴がキレイになり、毛根までしっかりと育毛剤が染み渡ります。

また、なぜ朝ではなく夜の時間帯が良いのかというと、髪の毛の成長に必要なホルモンの分泌は夜に行われるからです。具体的にはだいたい22時から2時までの4時間に分泌が活性化します。

頭皮へ栄養を効果的に補給するためには、夜にシャンプーをした直後のタイミングで育毛剤を使い、髪の毛の成長ホルモンの分泌が多い22時から2時の間には熟睡できているようにするのがベストな使い方です。

育毛剤を使う際の注意点

育毛剤を使う際には、いくつか注意点があります。

一般的に、育毛剤が頭皮に浸透するまでの時間はおよそ3時間と言われています。

せっかく育毛剤をなじませても、頭皮に汗をかいてしまうと、育毛剤が浸透しきらず、最大限の効果が発揮されません。育毛剤を使ってから3時間は、汗をかくような運動はなるべく避けた方が無難です。

また、ワックスなどの整髪料と育毛剤を同時に使うことは控えた方が良いです。

同時に使えないということはないのですが、整髪料には添加物や化学物質が含まれているので、育毛剤の成分の効果を十分に発揮することができなくなります。外出時などで、どうしてもワックスや洗い流さないトリートメントなどの整髪料と育毛剤を同時に使いたい!という場合は、育毛剤の効果が発揮しきれないことを覚えておいてくださいね。

最後の注意点として、液体タイプの育毛剤は、頭皮から顔に流れ落ちることがあります。あらかじめ育毛剤ボトルの使用方法や注意をよく読んでおき、目や鼻、口などに入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流しましょう。

育毛剤の間違った使い方

育毛剤の間違った使い方は大きく分けて3つあります。

1つ目は、必要以上に育毛剤をつけすぎる使い方です。

たっぷりと育毛剤を使うと、育毛効果も大きくなり、薄毛が改善されるのでは?と思う方もいるかもしれません。しかしながら、育毛剤のつけすぎは、頭皮の毛穴をふさいでしまう可能性があり、育毛に必要な成分が毛根に直接届かなくなってしまいます。育毛剤のボトルに書いてある使用量を守って使うことで、抜け毛による薄毛やハゲを効果的に改善していくような育毛剤の使い方ができます。

2つ目は、頭皮マッサージをせずにつけてしまうといった育毛剤の使い方です。

さらに、薄毛対策に効果的な頭皮マッサージをしようとしても、そのマッサージの方法が間違っていると頭皮にダメージを与え、抜け毛が増えてしまう恐れがあります。

先ほども述べたように、頭皮を傷つけてしまうような刺激のあるマッサージではなく、指の腹で優しく揉み込むような優しさのあるマッサージを行うことで、効果的な育毛剤の使い方をしましょう。

3つ目は、朝シャンプーをして育毛剤を付ける使い方です。

シャンプーは、育毛剤の成分を毛根に届けるために頭皮の汚れを取り除くために行うなら、朝でもいいのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、朝シャンプーは、頭皮の皮脂を洗い流した直後に外出することになりますので、紫外線などの刺激で頭皮がダメージを受けるといわれています。

したがって、朝シャンプーの後に育毛剤をつけても、ダメージを受けやすい頭皮状態は変わりませんので、育毛剤の効果を十分に発揮できない使い方になる可能性があります。

育毛剤の使い方はいかがでしたでしょうか

抜け毛や薄毛、ハゲに悩む皆さん、育毛剤の正しい使い方を覚えられましたでしょうか。

育毛剤は正しい使い方をすることで、育毛対策に十分な効果を発揮してくれます。たとえ質の良い育毛剤を選んだとしても、間違った使い方をすると効果が出ませんし、かえって頭皮状態を悪化させる恐れもありますので、育毛剤の使い方には注意してくださいね。

正しく育毛剤を使って、健康的で自身のある頭皮・髪の毛を手に入れてください!










3 件のコメント

  • […] ※育毛剤の正しい使い方はこちらで解説しています。 2017.01.20薄毛に効果的な「育毛剤の正しい使い方」を徹底解説! ふとした時に部屋の床を見ると、自分の髪の毛が思った以上に落ちていて、ショックを受けた経験はありませんか? 抜け毛が増えて、薄毛やハゲが気になってしょうがないという方は、抜け毛対策に育毛剤を使う方が多いのではないでし… […]

  • […] 育毛剤の使い方 2017.01.20薄毛に効果的な「育毛剤の正しい使い方」を徹底解説! ふとした時に部屋の床を見ると、自分の髪の毛が思った以上に落ちていて、ショックを受けた経験はありませんか? 抜け毛が増えて、薄毛やハゲが気になってしょうがないという方は、抜け毛対策に育毛剤を使う方が多いのではないでし… […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。