プロペシアってよく聞くけど効果あるの?副作用の心配は?

AGA専門クリニックで処方されるお薬の名前の中で必ずと言っていいほど聞く名前の中に「プロペシア」と「ミノキシジル」があります。

この2つに関しては薄毛治療をしている人ならほぼ100%知っていると言っても過言ではありません。

ただ、よく聞く名前だけど「実際のところどんな効果があってどんな副作用があるか分からない」という人も多いはずです。

そこで、今日はそのうちの1つ、プロペシアについて詳しく調べてきました!

プロペシアのことをよく知らない人はもちろん、なんとなく知っている人も是非復習がてらもう一度プロペシアの効果や副作用について一緒に見ていきましょう。

プロペシアってどんな製品?

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として内服するタイプのお薬として有名です。

2005年にアメリカのメルク社より発売されました。プロペシアには、男性ホルモンのDHTを抑制する働きがあり、脱毛の進行を防ぐと言われています。

また、プロペシアを使いたい場合は医師の処方が必要となるため、AGA専門クリニックに行く必要があります。

個人輸入で服用することもできますが、安全性を考えるとまずは専門のクリニックにかかった方が良いでしょう。

さらに服用できるのは男性のみとなっています。女性は服用できないので注意して下さい。

プロペシアの効果とは

今や、薄毛治療においてはプロペシアなしで薄毛治療を語ることはできないと言っても良いほど、プロペシアは薄毛治療においては欠かせない存在です。

その効果も絶大で、プロペシアを服用して薄毛が改善したという報告は非常に多いです。

ただし、プロペシア単体で発毛効果があるというよりはミノキシジルなどの外用薬と併用することで発毛効果をより実感できるという人が多いです。

そんなプロペシアにどんな効果があるのかというと、AGAの進行を食い止める働きがあると言われています。

AGA(男性型脱毛症)の原因としてDHT(ジヒドロテストステロン)があるのはご存知でしょうか。

このDHTですが男性悪玉ホルモンと呼ばれていて、薄毛を引き起こす原因となっています。

では、どうやってDHTが生成されるかというと、男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリラクターゼと結びつくことでDHTが生成されるのですが、このDHTが毛母細胞の中にある毛乳頭の受容体と結びつき、TGF-βが増えることでヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛が増えてしまうんです。

しかし、プロペシアを服用すれば5αリラクターゼを抑制することができるので、結果的にDHTの生成を防ぐことにつながるんです。

そうなると、ヘアサイクルが正常に戻るため、抜け毛が減って強くて丈夫な髪の毛が増えます。

プロペシアには副作用があるって本当?!

さて、こんなに効果が高いプロペシアではありますが、副作用について心配な人も多いハズです。

そして、残念なことにプロペシアは効果が高い分、副作用についての報告があるのも事実です。

というわけで、代表的な副作用について紹介しておきます。

頭痛、腹痛、下痢、便秘、頻尿、胃部不快感

まず、よく見られるのが胃の調子が悪い、胃が痛いと言った症状が多いです。

やはり、内服薬なのでプロペシアの成分が胃を刺激してしまうことがあります。

胃の調子が悪くなると下痢になったり、逆に便秘を引き起こすこともあるので、違和感を感じたら医師に相談するようにしましょう。

性欲減退

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制するため性欲が減退する人もいます。中には勃起不全に陥る人もいますが、そうなってしまうと男性として自信が無くなってしまうという人もいますよね。

また、これらの症状が見られてプロペシアの服用を中止したところで、男性機能がなかなか回復しないというケースも報告されているので、これらのリスクを知った上で服用するようにしましょう。

初期脱毛

プロペシアを服用して初期脱毛が起こる人もいます。

初期脱毛とは、ヘアサイクルが正常に戻ろうとすることによって、本来もう少し後で抜ける予定だった髪の毛が先に抜けてしまう症状のことです。

ただ、もともと抜ける予定だった髪の毛なのでそんなに心配する必要はありません。

それに、その後に生えてくる髪の毛は栄養が十分に気届いているため太くて丈夫な毛が生えてくる可能性が大きいです。

プロペシアは、女性は絶対NG!

そもそもプロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果があるため、女性には効果がありません。

それどころか、女性はプロペシアを触ってもいけないとも言われています。とくに妊娠中の女性が触れるのは禁忌です。

なぜなら、プロペシアの成分がお腹の胎児に影響してしまうからです。プロペシアの主成分であるフィナステリドは経皮吸収することができます。そのため、錠剤に触れただけでも吸収されてしまうんです。絶対に、女性の手に触れられない場所に保管するようにしましょう。

プロペシアがオススメな人

それでは、どんな人にプロペシアがおすすめなのかというと

①AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人
②完全に薄毛が進行していない人

になります。何度も繰り返しになりますが、プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果が絶大なんです。

ということは、AGAが原因であればその効果を発揮することができると言えます。

また、完全にハゲてしまった人にはプロペシアの効果はないと言われています。ですので、AGA(男性型脱毛症)が始まったなと思ったら、できるだけ早くプロペシアを服用するようにしましょう。

プロペシアの効果と副作用のまとめ

いかがだったでしょうか。プロペシアの効果と副作用について紹介しました。まさにAGA治療の救世主と言っても過言ではないですよね。ただ、薄毛の進行具合によっては効果が出ない場合もあります。できるだけ、早く服用した方が良いでしょう。

また、女性は絶対使うことはできません。子作り中の男性などは、奥様の手に触れられない場所に保管しておくようにしましょう。