薄毛を防ぐための一歩先行くシャンプーの使い方とは?

正しいシャンプーの使い方って学校で習わないですよね。でも絶対に知っておきたいことの一つ。
特に薄毛の人や抜け毛が気になる人はこだわらないといけないですよね。

間違ったシャンプーの仕方をしているといずれ髪の毛にダメージを与え抜け毛や薄毛の進行を早めてしまいます。ですので、しっかりとシャンプーの使い方にもこだわっていきましょう。

さて、まず最初に大事なのは髪の毛を洗うということではなく頭皮を洗うことが重要だということです。もちろん髪の毛がさらさらになったりツヤがあったりということも大切なのですが、肝心の頭皮がしっかり洗浄されないと汚れて詰まり、髪の毛が細くなったり弱くなったりしてしまうのです。

では早速シャンプーの使い方を見ていきましょう。

1.爪を立てて洗わない

爪をたててごしごしと洗っている人をたまに見かけます。しかしこれは絶対にしてはいけません。

爪を立てて洗うとかゆみも取れますし洗った気になります。しかし、爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまいますし、髪の毛自体も傷つけてしまいます。
爪ではなく指の腹でしっかりとマッサージをするように洗ってみましょう。

2.シャンプーよりすすぎに時間を使う

シャンプーは髪の毛を洗うだけでなく頭皮を洗うというのが本来の目的です。しっかりとマッサージしながら頭皮を洗い、さらにしっかりとすすがないと頭皮にシャンプーが残ってしまいます。髪の毛のシャンプーを取るだけが目的ではないのです。すすぎの時間は洗浄の時間の倍は必要だという話もあるくらいです。

3.2度洗いはしない

ここは賛否両論あるのですが、基本的には2度洗いをしてしまうと余分な皮脂まで落としてしまい頭皮が乾燥してしまう恐れがあるのです。
しっかりすすいでいるのであればすすぎの残しの心配はないのですがすすがない人がいたならば2度すすぎ残しがでることになります。

さらに、洗浄成分が強すぎて抜け毛が増える原因にもなるのです。

ですのでできるだけ1度でしっかり洗浄とすすぎを行うようにしましょう。

まとめ

シャンプーの仕方をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
実際の自分のシャンプーの仕方と比べてみましたでしょうか?

こうしてしっかりとシャンプーを使って頭皮を洗浄することができることが抜け毛対策する上での大切な条件となります。
早速今日から試してみてください!